ジャパネットグループ、組織体制強化のご案内
~カンパニー制度を導入しそれぞれがより専門性をもって企業価値の最大化を目指す~

お知らせ 2022/03/01

株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙田旭人)は、各事業がやるべきことを明確にし、それぞれが専門性を持つことによって、品質・スピードを高めることを目的に、カンパニー制度を導入しましたのでご案内いたします。

■カンパニー制度概要(3/1更新)
ジャパネットグループでは通信販売事業とスポーツ・地域創生事業を展開しています。現在はジャパネットホールディングス含め14社のグループ会社がありますが、今後は事業領域ごとに7つのカンパニーに分けます。それぞれのカンパニーがやるべきことを明確にしより専門性を高めることで相乗効果を生み出し、グループ全体で企業理念である“「今を生きる楽しさ」を!”という想いを実現できるように取り組んでまいります。

■スポーツカンパニーの体制変更
プロサッカーJ2リーグに所属する「V・ファーレン長崎」、プロバスケットボールB3リーグに所属する「長崎ヴェルカ」の代表取締役社長に、スポーツカンパニーのプレジデントを務める岩下 英樹が就任いたします。
各クラブの共通サービスを統合することでより良いサービスの提供を目指し、種目に関わらず愛されるクラブづくりを行い、長崎をはじめ全国にスポーツを通して地域創生の輪を広げてまいります。
詳細については各クラブのリリースをご覧ください。

▼V・ファーレン長崎
https://www.v-varen.com/clubinfo/154649.html

▼長崎ヴェルカ
https://www.velca.jp/2022-02-03/

  • ツイート
  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする