2022年3月27日(日)『BSJapanext』開局のお知らせ
~日本全国と視聴者を”つなぎ”、リアルを伝える放送局へ~

ニュースリリース 2021/12/22

株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙⽥旭人)のグループ会社である、株式会社ジャパネットブロードキャスティング(本社:東京都港区/代表取締役社長:髙⽥旭人)は、2022年3月27日(日)にBS放送局を開局いたしますのでお知らせいたします。

■『BSJapanext』概要

チャンネル名称: BSJapanext (読み:ビーエスジャパネクスト)
名称コンセプト: 『Japanet』の中に、3つの“x”の想いを込めています。

①    未知の可能性

②    expand=拡張、広がり、展開

③    DXのX=Transformation=変革、改革

開局日: 2022年3月27日(日)
チャンネル番号: 263ch
形態: 無料
公式サイト https://www.bsjapanext.co.jp/

 

■株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO 髙⽥ 旭人コメント

2019年に衛星基幹放送業務認定の連絡を受け準備を進めてまいりましたが、改めてBS放送局を運営する責任の重さを感じています。
弊社は、通信販売事業を通じて、全国各地のお客様や生産者様とつながり、成長を続けてまいりました。また、通信販売事業に並ぶ2つ目の柱としてスポーツ・地域創生事業を掲げ、地域の素晴らしさを磨き、伝えていきたいという想いから、プロスポーツクラブV・ファーレン長崎や長崎ヴェルカの運営、2024年の開業を目指す長崎スタジアムシティプロジェクトなどに取り組んでいます。
これらの経験や、弊社の強みを活かしながら、『BSJapanext』では世の中に埋もれているモノ、サービス、考え方、音楽やスポーツ等のコンテンツ、地域の魅力を広めていくことで、社会に貢献していく放送局を目指しています。ネガティブな情報ばかりに目をむけるのではなく、“視聴者がポジティブになれるようなリアル”をお届けできる番組を制作してまいります。あわせて弊社から一方的に番組をお届けするのではなく、視聴者の皆さまもリアルタイムに参加し、双方向にコミュニケーションをとれるようにするため、専用アプリも開発しています。
ワクワクするような放送局を目指し日々アイデアを積み重ねていますので、ぜひ開局を楽しみにしていただければと思います。

■主要番組について

①地域創生に特化した番組
月曜日から金曜日のゴールデン帯に、出演者が日替わりで、全国の魅力的なモノ・コト・グルメをお届けします。観光地だけではなく、普段取り上げられることの少ない地域も訪れ、さまざまな切り口で世の中に埋もれた素晴らしいモノをお伝えし、日本全国と視聴者をつなげていきたいと考えています。

②出演者がやりたい企画を一緒に実現する番組
著名人の方々と一緒に、一から企画・制作を行い、出演者のリアルな姿をお伝えします。
心から楽しんでいる出演者の様子が、視聴者の方々にも伝播し、ポジティブな気持ちになっていただける番組にしたいと考えています。

■番組連動アプリ『BSJapanext つながるアプリ』について
『BSJapanext』では、視聴者と番組の双方向コミュニケーションを可能とする専用アプリを開発しています。

<主な機能>
①コメント投稿
視聴者がリアルタイムで番組についてのリアクションをとれる機能です。視聴者コメントが、番組内のテロップで流れることもあります。

②クイズ、ゲーム、投票等への参加
視聴者がリアルタイムで、番組内の企画に参加できる機能です。

③番組紹介商品の最短2タップ簡単購入
番組で紹介した商品を、最短2タップで簡単購入でき、過去の紹介商品も、番組一覧から購入することが可能です。

 


本件に関するお問い合わせ
株式会社ジャパネットホールディングス  広報室  E-MAIL:jh_pr@japanet.co.jp

  • ツイート
  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする