ジャパネットたかた ラジオショッピング
~フジサンケイグループ広告大賞「特別部門賞」を受賞~

ニュースリリース 2022/04/12

株式会社ジャパネットホールディングス (本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙田旭人)のグループ会社で通信販売事業を担う株式会社ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長:髙田旭人)のラジオショッピングが、第51回フジサンケイグループ広告大賞において「特別部門賞」を受賞いたしましたことをご報告いたします。

■第51回フジサンケイグループ広告大賞について
フジサンケイグループ広告大賞は、1971年に始まった総合広告コンクールです。フジサンケイグループ広告大賞グランプリを含む『メディアミックス部門』、各媒体別に作品を審査する『メディア部門』『クリエイティブ部門』『パブリック部門』、話題性の高かった広告や社会に貢献した企業キャンペーンなどを表彰する『特別部門』、そして各媒体を効果的に活用し、話題性の高かったイベントを表彰する『イベント部門』があります。審査は「広告の総合性」「広告の創造性」「広告の大衆性」という広告の持つ3つの特性を重要視し選考されます。

▼フジサンケイグループ広告大賞ホームページ
https://www.fujisankei-g.co.jp/koukoku-taisho/
主催:フジテレビ、関西テレビ、BSフジ、産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ大阪、扶桑社

―--------
■選定理由(主催者コメントより)
昨年ラジオショッピング開始から30年を迎えられた「ジャパネットたかた」様は、2014年から文化放送でラジオショッピングをスタートし、現在は早朝から夕方の生ワイド番組の4つの時間帯で、平日毎日放送を展開しています。これまで文化放送でラジオショッピングMCを担当された皆様は、単にモノを売るだけではなく、番組を通じてリスナーに「今を生きる楽しさ」を伝えるために、常に各番組内容の特徴を深く理解した上で、パーソナリティーやその他の出演者との関係を構築、それぞれの番組に寄り添う姿勢で日々ご出演されています。

そのため、ラジオショッピングのMCとしての役割だけでなく、番組のレギュラー出演者のひとりとしてリスナーに認知され親しまれています。また、番組で紹介する選りすぐりの商品はリスナーに喜ばれる逸品揃いであり、リスナーとの関係や文化放送への信頼の向上にも繋がりました。ラジオショッピングの目指す事業共創において、信頼の醸成と高い成果を上げて頂きましたこれまでのご尽力に対し、特別部門賞を贈呈します。
―--------

■受賞コメント
弊社では各番組のテイストにあったラジオショッピングをお届けしたいという想いから、番組のテーマに合わせて商材を変え、パーソナリティーやリスナーの皆様とのやりとりを大切にすることを意識して放送に取り組んでまいりました。ジャパネットたかたのラジオショッピングが、放送局やリスナーの皆様にとって意味のある番組づくりに貢献できたとしてご評価いただけたことは、非常に嬉しく感じると同時に改めて身の引き締まる思いです。今後も引き続き、ジャパネットだけでなく、放送局やリスナーの皆様にとって良い番組となるよう、取り組んでまいります。

  • ツイート
  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする