ジャパネットウォーター富士山ファクトリー 新工場竣工のご案内
~業界トップレベルの工場で最高品質のウォーターサービスをお届け~

ニュースリリース 2021/07/15

株式会社ジャパネットホールディングス (本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長:髙田旭人)のグループ会社でウォーターサービス事業を担う株式会社ジャパネットウォーター(本社:山梨県南都留郡/代表取締役社⻑:茨木智設)は、7月15日(木)に新工場を竣工いたします。

■富士山ファクトリーの特徴
業界トップレベルの設備を導入し従来の約3倍の生産能力を備えた工場で、より品質にもこだわったウォーターサービス事業に取り組んでまいります。

1.新たなボトル製造手法の取入れ
不純物が入るリスクを軽減させるため、水と同一の生産ラインでペットボトルも製造します。
プリフォーム成型後すぐにブロー成形、水の充填が可能となるため衛生度が高まります。

2.充填設備
充填の衛生レベルが一番高いと言われる牛乳の充填も可能な設備のため、ほぼ無菌状態で充填ができます。
充填機内でのペットボトルの洗浄・殺菌は全自動で行うため、衛生面のバラつきがありません。

3.自動倉庫の導入
24時間自動で商品を管理するため、管理人員の削減にもつながります。

■富士山ファクトリー概要
所在地:山梨県南都留郡山中湖村山中
事業内容:ナチュラルミネラルウォーターの製造
年間生産能力:約1,700万本
製造品目:ジャパネットウォーター 富士山の天然水

 


本件に関するメディアからのお問い合わせ
株式会社ジャパネットホールディングス 広報室 E-MAIL:jh_pr@japanet.co.jp

  • ツイート
  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする