人を

人を知る
いろんなステージに挑戦できるのも魅力
ジャパネットたかた
執行役員 商材戦略担当 商品開発本部長
田道 祐樹 (09年入社)

新卒でジャパネットたかたへ入社し、テレビ制作部門にカメラマンとして配属。
入社3年目になるタイミングでバイヤー部門へ異動。
現在はジャパネットたかたの商材戦略と商品開発バイヤー部門の執行役員として統括を行う。

課長、部長、そして昨年最年少役員になり、速いスピードでステップアップされていますが、
それぞれのレイヤーで見る視点や考え方はどう変化していきましたか?

バイヤーの課長として1つの課を統括していた時代は自分の商品の割合を広げたいという自分視点の考え方で、とにかく自分の売り上げが会社の何パーセントになるかを意識して、どんどん商品を提案をしていました。それから部長になり、全体の調和とか、全体最適を見ながら考える力が養われました。そして役員になると、キャンペーンなどの販売企画と商品の担当をしているので、会社の売り上げのすべてが自分自身に関わっています。失敗が許されないという重圧とか、どれだけ精度の高いものを自身の中で仕上げることができるのかを毎日自分を奮い立たせながらやっています。さらに責任を感じるようになりましたね。

最年少の役員ですが、自分だからこそできることは ありますか?

2つあります。1つ目は若いからこそのスピード感とエネルギーです。2つ目は、若い社員に歩み寄れるところだと思います。若いからこそ、壁を作らず、若手社員へ積極的に声をかけるようにしています。

これからジャパネットをどんな会社にしていきたいですか?

まだまだジャパネットの商品の魅力をお伝えできていないお客様がいらっしゃると思うので、もっと多くのお客様に発信していきたいと思っています。長期的に見ると、お客様にとってより身近な存在になれるように、寄り添える販売チャネルや媒体を追求していきたいです。「こんなに便利な商品があるんだ!」と知っていただき、生活が豊かになってもらえたら嬉しいなと思っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

謙虚で前向きな人です。ジャパネットが掲げる社員像の中にもありますが、理想の社員像だとつくづく感じます。謙虚で前向きであれば、入社して十分成長できると思っています。

役員から見るジャパネットの魅力はなんですか?

2つあります。とにかくスピードが速く、勢いがあり、しかも会社自体も創業33年と若い。若手でもすぐに活躍する場があるのは本当に魅力だと思います。もう1つは、8つのグループ会社があり、さまざまな経験ができることです。就職活動をしていた時、私は何をやりたいのか具体的になかったんです。ジャパネットは60種以上職種があるので、何か1つの仕事をやりきった後でも他のステージが待っているのは、他の会社にはないなと思ったんです。ジョブローテーションで、いろんなステージに挑戦できるのもジャパネットの魅力であると思います。

自分をジャパネットの商品に例えるとなんですか?

掃除機のトルネオです。パワーもありつつ、軽くて使い勝手も良い。バランスの良い人材を目指していますので、トルネオがいいです。