人を

人を知る

ジャパネットたかた西浦 千奈美(2013年新卒入社)ペーパーメディア企画制作部 ペーパーメディア制作

プロフィール(経歴)

新卒でジャパネットたかたに入社し、ペーパーメディア企画制作部でチラシやカタログなどの制作を行う。現在はクリーナー・空調家電・家事家電・調理家電の4つのカテゴリーの制作を担当する。
西浦千奈美

業務内容

全国のお客様に向けて、チラシ・新聞・カタログ・ハガキなどを制作しています。その中でもジャパネットの主力であるクリーナー・エアコン・冷蔵庫などの生活家電部門の責任者として課員をまとめながら、商品の魅力だけでなく、メーカー様の商品に対する想いや、バイヤーの想い、実際に自分が商品を使って味わった感動を、紙面を通してお客様に伝えることに日々奮闘しています。1人の力だけではなく、部署を超えて、多くの人と議論を重ね紙面を作り上げていくので、関わった人が多ければ多いほど「ご注文」という形でお客様から反応が返ってきたときの喜びも大変大きいです。
1人でも多くのお客様に「ジャパネットのチラシやカタログを見るのが楽しい!ワクワクする!」と感じていただけるような紙面を、今後も妥協なく作っていきたいと思います。

入社理由

私は欲張りな性格なので、自分が本当にやりたいことは何かを考えたとき、胸を張って「これだ!」というものを1つに絞ることができませんでした。もともと雑誌を見たり、写真を撮ることは好きで、そのような道への興味はありましたが、仕事にするべきか、実際にその道に進んでやっぱり違ったとならないか不安がありました。
企業研究や説明会を通してジャパネットは「自前主義」という事業方針のもと、さまざまな仕事にチャレンジする機会があることを知り魅力を感じました。
たとえ自分が直接関わらない業務でも必ずどこかでつながっていて、さまざまな視点から新しいことを学べると思い入社を決めました。
「自前主義」だからこそスピードを持った業務ができたり、各部門の連携の強さを実感しています。

私のストイック&ワクワク

ジャパネットは年齢関係なく自分の意志を自分の言葉でしっかり伝えることで受け止めてもらえることも多く、若いうちからさまざまな挑戦ができる環境が整っており、熱意を持って働いている人が多いです。私も、自分の意志を持つことを常に大切にしており、仕事に対して本気で向き合い、考え、悩むことを日々繰り返しています。
「今」に全力で向き合ってきたからこそ、その積み重ねが自分の成長にもつながっていると考えています。

私が担当している制作業務においても、まだまだやりたいことはたくさんあります。制作の可能性は無限であり、写真を入れ替えるだけで見え方が変わったり、商品の紹介の切り口を変えるだけで、お客様へ新しいご提案ができたりもします。これからも現状に満足せず常に新しいアイデアを生み出し、想いと意志を持って丁寧に形にしていくことが私たちの使命です。制作の段階で商品を紹介する私たち自身が「ワクワク」することで、結果としてお客様にも「ワクワク」を伝えることができるのではないかと思っています。