人を

人を知る

ジャパネットたかた坂本 亮平(2017年中途入社)メディア企画制作本部 ラジオ制作MC

プロフィール(経歴)

自動車ディーラーに営業として新卒入社し、新店舗立ち上げ、新卒採用、コーチング業務を担当。2017年、MC選考会に応募し、同年8月テレビショッピングMCとして入社。2018年3月よりラジオ企画制作課へ異動し現在に至る。
坂本亮平

業務内容

ジャパネットたかたのラジオショッピングMCとして、日本全国のラジオ局を通してラジオショッピングを行っています。
現在メインMCとして、1日平均15番組の放送を担当しています。ジャパネットはテレビ・チラシ・カタログ・Webなどさまざまな形でショッピングを行っていますが、ラジオは唯一「言葉だけで商品の良さを伝える」というショッピングになります。お客様に商品をご覧いただけないため、「自分の言葉」だけで商品の形・性能や、その商品を手にしていただくことで生活がどう変化するかなど、すべてを伝えなければならないという特性があります。言葉だけで伝えるのは本当に難しいのですが、反面それが伝わった時の影響が非常に大きいというのがラジオショッピングの強みでもあります。商品の性能、機能の説明も大切ですが、それよりも「自分の生活がどう変化するのか」ということを強くイメージしてもらえるようにすることを大切にしています。どんな方が聞いているのか、今どんなことで悩んでいるのか、この商品があれば、その悩みがどう解決するのか、ということをまずは私自身が深くイメージして、お客様に寄り添い、しっかり伝わるようにすることを意識しています。

入社理由

前職でさまざまな仕事を担当していました。そのなかで一番記憶に残っている仕事は、新卒採用、合同企業説明会のプレゼンターでした。
「面白かったです!今まで知らなかったですが、本気でこの会社に入りたいです!」と言ってくれる学生がいて、実際に自分の話がきっかけで入社してくれた学生もたくさんいました。そんな経験をするなかで、自分が良いと思っていることを人に伝える事で、その人の考え、感情まで動かすことが出来るということに楽しさを感じるようになりました。もっと極められる仕事だったら楽しいだろうな・・・それはどんな仕事なんだろうと漠然と考えるうちに、ふと「ジャパネットたかたのテレビショッピングに出ている人」がその究極系なのではないかという考えにたどり着きました。
ジャパネットたかたのMC選考会という記事をたまたま見つけ、「これは運命だ」と直感的に感じ、選考会に応募して、合格、そして入社しました。

私のストイック&ワクワク

ジャパネットには「伝える事」についてストイックに考え抜いているプロフェッショナルがたくさんいます。
そんな素晴らしい環境に身を置けることに感謝し、自分のなかの「伝える」という武器を研ぎ澄ましていきたいと思っています。
私は仕事、私生活に限らず、新しい事にチャレンジするときに「ワクワク」した気持ちになります。
ジャパネットは、若手もどんどんチャレンジできる、チャンスを掴みやすい会社だと思います。例えば、私が初めてテレビショッピングに出演できたのは、入社から1か月半後でした。当時はこの判断の早さに驚きましたが、若手にもどんどんチャンスを与えるというジャパネットの社風に今では「ワクワク」を感じています。
私生活では、今スキューバダイビングの免許取得を目指し、日々勉強しています。
「仕事」でも「私生活」でも新たなチャレンジができる、「ワクワク」を感じることができるのがジャパネットの強みだと思います。