人を

人を知る

ジャパネットホールディングス神戸 敦(2013年新卒入社)情報システム開発部 システム開発

プロフィール(経歴)

新卒で入社。入社後はシステム開発分野に携わる。主に受注・物流システムの内の、配送サービス・倉庫拠点のシステム構築を担当。
神戸敦

業務内容

コールセンター、物流拠点などの作業率向上や新サービスの展開に向けたシステム開発を行っています。様々なグループ会社があるため、手がけるシステムは多岐にわたりますが、業務精度を高めながら常に変化に対応するシステム開発が求められます。その一つひとつを淡々と手掛けるだけではなく、自分たちが構築したもので、お客様の満足度を向上させたり、お取引様とのやり取りを円滑にさせたりと付加価値を付けることも同じように大切です。開発に着手する際には、過去の経験を活かした提案をしたり、蓄積したデータや仕組みに対して矛盾が生じていないかなどの論理的な観点からの意見を伝えたり、より一層精度が高いサービスを実現出来るように心掛けています。

入社理由

ジャパネットは常に成長し変化し続けているため、若手の時から先頭に立つことが求められます。もともとプロジェクトをマネジメントしてみたいという想いがあり、若いうちからそういった経験が出来るという点に惹かれました。実際に入社してからは、数年で新しいシステム開発のプロジェクトマネージャーになりましたが、プロジェクトを成功に導くための努力や苦悩、それを乗り越え達成したときの喜びをメンバーと分かち合うことができたとき、「若い時から多くの経験ができ、入社して良かった」と実感しました。現在の業務でも開発した社内システムに対して即座に反応が見られる点に魅力を感じています。自分が手掛けたものが実際に動き、サービスが成功するところまで見届け、お客様や現場社員の喜びの声を聞くことが今の自身のやりがいにつながってます。

私のストイック&ワクワク

システム構築そのものがストイックだと言えます。システムの不具合はお客様や現場に影響が出てしまうため、構築するシステムに対して漏れがないか、論理矛盾が存在しないかなどを含め、ミスをしないのは当たり前というストイックな環境だからです。時間をかければ精度は上がりますが、会社の変化のスピードが速い分、求められる開発のスピードも速く、常に生産性が高い仕事が求められます。スピードと精度の2つをバランス良くこなすことは大変難しいですが、現場やプロジェクトのメンバー間で横のコミュニケーションを頻繁に取り、疑問や不安が残るポイントを共有し、メンバー間で作業を分担することで、効率よく開発を進めることを意識しています。
ワクワクな部分は、やはり利用者の反応が早く、その声をたくさん聞けるところです。また、新規サービスも次々に展開されるため、次はどんな開発が待ってるのか考えるとワクワクします。