人を

人を知る

ジャパネットたかた 本村 優夏(2015年新卒入社) インターネット企画制作部・企画商材戦略・プレーヤー職(全社総合職)

プロフィール(経歴)

新卒で入社。ペーパーメディア企画制作部で約3年間カタログの商材決定を担当。その後、2017年12月にインターネット企画制作部に異動、インターネットサイトの企画運用に携わる。
本村優夏

業務内容

インターネットサイトの企画決定・更新の指示を行っています。
業務内容は主に、ECサイトのTOPページ・特集ページについて、過去実績や直近の実績を確認し、どのような企画・見せ方が売り上げに繋がるのかを考え、スケジュールを組んで更新を行うことです。商品のジャンル毎に特集を組んでTOPページに掲載したり、商品掲載の順を上下入れ替えたりすることで大きく売れ行きが変わるので、日々数字を追いかけながら最適なECサイトを目指して奮闘しています。

大型キャンペーンが展開される際は、サイト全体がキャンペーン仕様になりますので、修正指示を行います。また、お客様に快適に楽しくショッピングをしていただけるECサイトになるように、 バイヤーや制作部署メンバーと議論をして、全体の最適な商品ラインナップの検討・取りまとめを行っています。

入社理由

もともと好奇心旺盛な性格なので、就職活動中もさまざまな企業に興味がありました。そのような中、ジャパネットが「自前主義」という事業方針で多くの部署・仕事内容があることに驚き、この会社で成長し少しでも貢献できたらと思い入社しました。
実際に入社してみて、若手でもどんどん責任ある業務を任せてもらえたり挑戦のチャンスを与えてもらえたり、本当に成長できる機会が多いと感じています。
また入社前のインターンシップに参加した時に、どの部署でも、常にお客様のことを想像しながら業務に取り組んでいること、その考えや想いがしっかり社内に根付いていることを感じ、とても温かい会社だなと感じたこともきっかけです。

私のストイック&ワクワク

インターネットは他の媒体と比べても、展開コストが低いため色々なことに挑戦できる機会が多いと思います。たとえば、独自に展開している予約参加型ショッピングという企画があります。週に1度、1商品の限定で予約を受け付け、その予約数に応じて価格が決まるという企画ですが、反響も大きいため、どのような商品にするか、季節指数や過去実績をもとに選定することにワクワクします。

まだまだチャレンジできることもたくさんあると思いますので新しく面白い企画を生み出すことができたらと思っています。 また、売り上げをどう作っていくか、厳選してご紹介するECサイトにするにはどうしたらいいのかを考えており、重要な業務に携わらせていただいていることに嬉しさと責任を感じています。
現状に満足することなく、常により良くする姿勢と精進することを忘れずにいたいです!

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop