人を

人を知る

ジャパネットホールディングス 馬場 卓也(2014年新卒入社) 経理戦略部 ・経理戦略・プレーヤー職(全社総合職)

プロフィール(経歴)

新卒でジャパネットたかたへ入社。サービスソリューション課で決済サービスを担当後、経理戦略課にて主に管理会計を担当。現在は、課として管理会計と財務会計をメインに担当している。
馬場卓也

業務内容

現在は経理戦略課のチーフとして、主に3つの業務を担当しています。

1つ目は、財務分析と経営層への報告業務です。いわゆる決算情報の経営分析・報告で月に一度今の会社の状況を分析して経営層へ報告しています。

2つ目は、管理会計の制度設計とメンテナンス業務です。管理会計とは、商品が一つ売れる度にすぐに収支を把握できるシステムのことを指します。主にバイヤーや制作の社員が活用しているのですが、このシステムがあることで、素早く売り方や商品の変更・改善を行うことができるようになっています。そのため、正しい収支が算出されるように日々メンテナンスをしたり、新しい取り組みが始まった時にその内容を反映させたりと改善を行っています。

3つ目は、新しく設立した会社の経理実務です。新しい会社ができた時にすぐには現場で対応できないため、経理戦略課がその経理業務を行いながら、運用を整えます。直近だと、当社がM&Aを実施し設立に至ったジャパネットサービスイノベーションの経理業務を引き継ぎ、運用構築を行っています。

入社理由

元々はマーケティングに携わりたくて当社へ入社しました。ジャパネットはさまざまな媒体を駆使して販売を行っております。この規模感で多くの媒体を展開している会社は私の知る限り他になく、ここならばマーケティングの知識をつけるうえで最適だと思ったからです。実は入社してからは、マーケティングに関わっておらず、ずっと経理関係の業務に携わっています。ただ、経理関係の業務は数値を扱うことも多く、その点でマーケティングと似ている部分が多いと感じています。特に経営分析など、根幹の数値に触れることも多く、個人的に非常に楽しく仕事ができています。今ではマーケティングに関わりたいという気持ちよりも、このまま経理として経営層のお役に立てるようにキャリアアップを目指しています。

私のストイック&ワクワク

経理業務は経営層や従業員が努力してきた結果を数値にまとめ、分析・報告する業務でもあります。これを正確に結果としてまとめることと、分析することには経理の専門知識や分析のための経営知識が必要になるため、日々勉強です。まだまだ合格には程遠いですが、将来的には中小企業診断士と公認会計士のダブルライセンスを取れるようにストイックに頑張っています。

ワクワクの部分は、経営層と近い部署でもあり、その考えや今後の動きをとても近い距離で感じることができます。大変勉強になりますし、今後の取り組みなどこれからのジャパネットを考えるととてもワクワクする気持ちでいっぱいになります。また、経理としてスキルアップをするうえでさまざまな変化を体験することはとても重要だと考えていますので、その意味でも日々ワクワクしています!

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop