人を

人を知る

ジャパネットホールディングス 髙田 旭人 代表取締役社長 兼 CEO

プロフィール(経歴)

東京大学卒業後、大手証券会社を経てジャパネットへ入社。社長室室長、コールセンター、物流センターの責任者を歴任し、2015年1月よりジャパネットホールディングスおよびジャパネットたかたなどグループ数社の代表取締役社長に就任。
髙田旭人

業務内容

グループ9社のうちジャパネットホールディングス、ジャパネットたかたを含む6社の社長を兼務し、グループCEOとしての業務を行っています。

グループ全体の戦略を考え、方針を全従業員とできるだけオープンにシェアすることを大切にしています。また、各社の取り組みは各社社長、役員、部門長を中心に実行していくことが望ましいと考えているため、すべての部署と定期的な会議およびメールを通してコミュニケーションを取っています。会社の未来の可能性を広げるための外部交流も行い、ジャパネットにしかできない商品・サービス・取り組みをどんどんやっていくことを心がけています。

特に大事にしていることは、「世の中に埋もれた素晴らしいものを発掘し、ジャパネットとして磨き上げ、徹底的に伝えていく」ということを実現するために商品選定やサービスを磨き上げることに、できるだけ多くの時間を割くようにしています。さらに、会社が意志と想いを持った社員と共に成長していけるような、社内制度、環境づくりも大切な役割だと考えて取り組んでいます。

入社理由

両親が創立した会社であり、子どもの頃から当時の従業員の皆さんと接点が多くありました。その中で、良い人の多いこの会社を自分が守っていきたいと思うようになってきました。また、創業者である父がお客様のことを純粋に想像して、お客様のためにまっすぐに向き合う姿勢を身近で感じ、この会社が生み出す価値を自分が中心となって広げていきたいと思ったのも入社した大きな理由です。

私のストイック&ワクワク

上位レイヤーになるとどうしても否定されることが少なくなってくるので、自分自身を客観的に見るということを常に意識しています。また、方針を決定する立場でもあるのでより多くのインプットをすること、知識面、考える軸の面でも他の役員、部門長、課員に負けないように努力をするようにしています。

ワクワクすることは、ジャパネットで商品を購入されたお客様の喜びの声や満足の声を聞ける瞬間です。毎日2万人以上のお客様に商品やサービスを提供しているので、1件でも多くの満足をつくれていると感じる瞬間が一番嬉しいです。社内でのワクワクは、社員が意志を持って取り組んだことが成果につながっていると感じる瞬間や、休みを満喫した話などを聞いた時です。多くの会社の中からジャパネットを選択して働いてくれているメンバーが努力と成長を楽しみ、プライベートも充実していることが社長としてすごく嬉しい瞬間です。

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop