人を

人を知る

ジャパネットたかた種村 塁(2018年新卒入社)家電商品バイヤー部※記事内容および社員の所属・肩書きは取材当時のものです。

プロフィール(経歴)

就職活動時に、インターンシップに参加したことがきっかけで当社に入社。
現在は、バイヤー部門にて主に掃除機などのクリーナーのバイイング・商品開発を担当。
種村塁

入社のきっかけ

私が入社を決めたきっかけは2つあります。1つはインターンシップに参加して得た経験と、もう1つはジャパネットには様々な仕事があり、自分の可能性を広げられると思った事です。
まずはインターンシップに参加した際の経験についてですが、私が参加したのはバイヤーを体験するインターンシップでした。お題として与えられた商品の魅力は何かを考えて訴求ポイントを決め、それをMCも交えて動画撮影を行い、実際のショッピングサイトに掲載されるというものです。自分が考えた訴求がそのまま掲載され、それを見たお客様が商品を購入するという事に面白さを感じ、この仕事をやってみたいと思いました。今も実際にバイヤーを担当していますが、この時の経験が活きています。
そして、ジャパネットには様々な仕事があるという点についてですが、就職活動をしていく中で、私は絶対にやりたいという仕事をなかなか見つけられずにいました。そんな中、ジャパネットに出会った時に通信販売だけでなく、クルーズやウォーターサーバー、サッカーチームの運営まで様々な仕事があり、働きながら自分に合った仕事を見つけられる会社だと感じ、入社を決意しました。

やりがいを感じた経験や瞬間

私がやりがいを感じた瞬間はお客様から喜びの声をいただいた時と、上司に仕事を認めてもらった時です。ジャパネットの社員は新卒入社・中途入社にかかわらず、誰もがお客様からのご注文を受けるスキルを身に付けます。私もお客様からのご注文を直接受ける機会がありますが、その中で私の担当商品を購入していただいたお客様からの声を頂戴することがあり、この商品を販売して良かったと思う瞬間があります。また、お電話以外でも、お客様がショッピングサイトに商品の感想を投稿する機能があります。その感想で満足の声が多いとバイヤーをしていて良かったと感じます。
また、ジャパネットではMBOといった評価制度や面談などを通して、上司と直接自分の評価について話す機会があります。この面談の時に半年や一年間を通してどういう風に成長したかなど上司からフィードバックがあります。このような、直接評価してもらえる環境があることも仕事のやりがいに繋がっています。

今後やっていきたいこと、チャレンジしたいこと

今後やってみたい事は3つあります。
1つ目はオリジナル商品作りです。入社1年目の頃、オリジナル商品の開発に携わる機会がありましたが、前任からの引き継ぎだったため、1から全てを担当したことはまだありません。ゼロからアイデア出しに加わった商品を世の中に出してみたいです。
2つ目はチャレンジデーを自分の担当商品で行うことです。1日で日本中の多くのお客様の生活を変えることができるこの企画に、自分が良い商品を提案できればと思っています。
3つ目はバイヤー以外の仕事を経験してみることです。ジャパネットには本当に数多くの仕事があり、まだまだ自分の可能性を広げることができる仕事があるかもしれません。まだまだバイヤーとしても半人前ではありますが、一人前になれた際に、バイヤーのスキルを活かして他の仕事にもチャレンジしてみたいと思っています。