2020年05月22日

#今だから 在宅勤務の中の「目」と「耳」のケア 会社の取り組み

こんにちは!
ジャパネットグループ 採用担当の石井です。

ジャパネットグループでは4月より在宅勤務がスタートしています。
新しい取り組みとして、4/14から木曜日を除く平日毎朝9時から全社朝礼を実施しています。
社内の朝礼で紹介している社内専属保健師からの健康に関するアドバイスをご紹介します!

今日のテーマは、#今だから 在宅勤務の中の「目」と「耳」のケアの仕方やストレッチについてです。

「目」のいたわり方について

#今だから 在宅勤務の中の「目」と「耳」のケア

まず、お部屋の中の照明についてです。
室内の明暗の差はなるべく少なくして、眩しさを感じないようにした方が、目の負担はかかりません。
特にご自宅でお仕事されている方のうち、ダイニングテーブルを使われてる方に多いと思いますが、お料理をおいしく見せるためのスポットライトをメインに使う局所照明は、短期集中には良いとは言われますが目の疲労を起こしやすくなります。
できれば家の中であれば、全体が明るいお部屋でお仕事するのがおすすめです。

そうして、せっかく明るいお部屋でお仕事を始めたとしても、環境は常に変化しますよね。
例えば、日中は、程よい明るさのあった部屋でも、夕日が差し込んでくるとまぶしすぎることがあるように同じ場所でも、お天気や時間によって、明るさは変わってきます。
カーテンやブラインドを使ったり、場所を移動したりして、機会がある度に自身の働く環境を見直していきましょう。

またモニターに写りこみはありませんか?
自分の姿や背景が画面に写りこむと、目が疲れやすくなります。また写りこみが気になって、画面に集中できないということも考えられます。映り込みについては、道具を使った対応もありますがモニターの位置・前後の傾き・左右の向きなどを調節する、という手もあります。
モニターを見たときに、写りこみがあれば、まずは、この微調整をやってみてください。

そして、目のストレッチの紹介です。
仕事やプライベートで、モニターやスマホをみる時間が長くなると目の周りの筋肉が疲れてきてしまいます。
そこで、1時間に1回を目安に目のストレッチを行うことをおすすめします。
まずは、ずっと近くを見続けたときに、視線が固定されて疲れてしまった目の周りの筋肉に効く、遠くと近くを交互に見る、というストレッチです。
遠くは3m先、目安はだいたい4歩から6歩くらい先、近くは、30cm先、小さく前にならえをしたときの指先あたりです。
これを、遠くを3秒、1、2、3、近くを3秒1、2、3、交互に見て5セット繰り返します。

#今だから 在宅勤務の中の「目」と「耳」のケア

もうひとつは、目を動かす筋肉に効く目を上下左右に動かすストレッチです。 頭は動かさずに、視線だけを動かすのがポイントです。
片方の手で頭を固定し、逆の手の指先を追いかけて視線を動かしていきます。(上下左右)
慣れてきたら、両手をつかって距離を広げていくという方法もあります。
モニターを1時間見たときには、疲れをため込まないために、ぜひこのストレッチを取り入れてみてください。

「耳」のいたわり方について

#今だから 在宅勤務の中の「目」と「耳」のケア

コールセンターにお勤めの方でしたら、ヘッドセットは馴染みがあると思いますし、コールセンターでなくても、移動中に音楽を聞いたり、勉強したり、最近では在宅ワークのため、朝礼やミーティングでイヤホンなどを使っている方も多いと思います。

突然ですが、耳垢に2つのタイプがあることをご存じでしょうか。
一つはしっとりタイプ、もう一つはかさかさタイプです。
これは体質によるものなので、自力で選べるものではなく、常に一定というわけでもありませんが、特にしっとりタイプの方に気を付けていただきたいこととして「真菌症」という病気にかかることがあります。
たとえば、耳かきのし過ぎで耳の中にキズがついたところにイヤホンなどをして耳の中が高温多湿の状態が続いたときに、場合によっては耳の穴の中にカビが生え、かゆみや痛みといった症状が出てくることがあります。

これを防ぐためには、イヤホンは1時間つけたら5分外すようにしましょう。
また、イヤホンは耳の中とイヤホンの間に発生した湿気のために、汚れが付着しやすくなります。そこでまず、イヤーピースと本体が分解できるものは取り外して、イヤーピースを乾いた布でふきましょう。できれば、取扱説明書を読んで、メーカーのおすすめするお掃除方法を確認することも大切です。

そして、耳掃除は月に1回、多くても2回まで、所要時間は両耳で2,3分ほどで十分です。
本来耳垢は虫が入ってくるのを防いだり、皮膚の保護といった役割があります。さらに耳垢を自動的に外に出そうとする力が働いているので、わざわざ耳掃除をしなくても良いのですが、耳の入り口から1~1.5cmくらい先に耳垢の元を分泌する部分がありますので、そのあたり、綿棒の真ん中を持って軽くぬぐうくらいで十分です。とは言え、入浴後、耳に溜まったお湯が気になる場合には綿棒は使わずに、タオルで拭くか、ドライヤーを当てて乾かすとよいです。
それでも耳の中がかゆくなったり、蒸れる感じがある方は、ヘッドホンや骨伝導タイプのイヤホンを探してみてはいかがでしょうか。

私は在宅勤務で光沢があるタイプのパソコンを使用していたので、今まで以上に目の疲れを感じるようになっていました。毎日定期的にこの目のストレッチを行って目の疲れが改善されたのでオススメです!