働き方を

働き方を知る

務の仕事

法務部門は会社・社員が安心して事業・業務に専念できる環境をつくり、世の中から末永く信頼していただける会社となるためにコンプライアンスを通して会社を守る部門です。ジャパネットグループは通信販売業以外にも、旅行業やサッカークラブ運営などさまざまな事業を行っています。グループ会社ごとに法務部門を置くのではなく、全てのグループ会社の多種多様な業務を一貫して見ていることが、ジャパネットの法務部門の特徴です。主に契約書審査・法律相談・コンプライアンス教育を担っています。

法務の仕事

ここが違う!
ジャパネット 務の仕事とは

ジャパネットの法務の特徴は、守備範囲の広さにあります。通信販売業・製造業・旅行サービス業・サッカークラブ運営など、グループ各社の事業それぞれのビジネスリスクに対して法律を駆使しリスクヘッジを行います。グループ全体からの視点で、法律相談だけではなく、現場とともに最適なソリューションを出すことが求められるため、企業法務のスペシャリストとして活躍できます。会社を守る最後の砦として責任も大きいですが、やりがいも大きいです。

  • エントリーする

この職種で働いている人をご

冬木健太郎
ジャパネットホールディングス
コンプライアンス部 法務課
冬木 健太郎 Kentaro Fuyuki(2018年中途入社)

ジャパネットに社して感じたこと

ジャパネットの法務部門は一般的に法務が行う業務である契約書審査なども行いますが、それだけではありません。例えば、広告表現のチェックなども重要な業務の一つです。景品表示法のみならず、消費者庁の指針も頭に入れる必要があります。その他、新会社・新拠点の設立や、ビジネスに新たなスキームを取り入れようとする際にも関与します。こういった業務を行う際は、法律上許されるか否か、どうあるべきかといったことだけでなく、ジャパネットの企業理念に立ち返り、「『ジャパネットらしさ』は何だろう」という視点で、お客様・社員・取引先様のことを考えた判断を行っています。また、問題への対応だけでなく、未来への予防、チャレンジへのバックアップをすることも多く、会社の法務部門に対する期待は大きいため、やりがいも強く感じています。

簡易募集要項(法務)

職務内容

グループ全体の活動に関わる法務関連業務です。

・企業間の契約締結に関する業務
・企業活動における法的な問題の対応
・顧問弁護士との窓口対応
・社内のコンプライアンスに関する啓発活動
・社内の法律相談

募集会社 株式会社ジャパネットホールディングス
勤務地 東京都港区
応募資格

≪必須≫
・大卒以上
・法務部門における3年以上の業務経験

≪歓迎≫
・弁護士、司法書士、行政書士のいずれかの資格をお持ちの方
・景品表示法・特定商取引法・独占禁止法・知的財産や商標登録などの知識
・小売業界の法務部門における業務経験

雇用形態 正社員
就業時間 9:00~18:00(実働8時間/休憩1時間)
給与

月給20万円~80万円 ※残業代含む
■月給制(年齢給+職能給)
■昇給年1回
■賞与年2回

休日・休暇

■年間休日123日
(週休2日+祝日・年末年始・夏季休日)
※その他、リフレッシュ休暇5日、旅行休暇2日として有休取得推奨あり
■育児・介護休業制度
■育児・介護短時間勤務制度
■有給休暇(入社後半年経過後10日~)

  • エントリーする