取り組みを

事業概要 BUSINESS OUTLINE

ジャパネットグループでは、2019年から通信販売事業に並ぶ2つ目の柱として、スポーツ・地域創生事業を掲げました。
これまで培ってきた強みを最大限に活かしながら、 企業としての総合力を高め、
より多くのお客様に「今を生きる楽しさ」をお届けしたいと考えています。
通販事業
通販事業
スポーツ・地域創生事業
スポーツ・
地域創生事業

事業体

ジャパネットグループは、ホールディングス体制のもと
通信販売事業とスポーツ・地域創生事業を展開するグループ8社で構成されています。

事業体制図 Organization Chart

グループ会社

ジャパネットグループ8社それぞれがミッションを定め、事業を推進しています。

ジャパネットホールディングス

世の中に貢献できる人・企業を育てる

各事業会社が成果を生み出せる環境の構築、戦略の策定を通して、
グループの価値を最大化する

ジャパネットホールディングス

2007年にジャパネットたかたの持ち株会社として設立。2015年の体制変更に伴い戦略部隊として新しいスタートを切りました。
ジャパネットグループ各社がそれぞれの事業に最大限集中できるよう、経営戦略(人事・経理・広報・情報システム開発)や会社の事業戦略の構築など、グループの価値の最大化に貢献する役割を担います。

ジャパネットホールディングス

通販事業

ジャパネットたかた

世の中に埋もれている良いモノを磨きあげ、その最大限の価値を伝える

各カテゴリーにおける最高の一品にこだわり、とことん磨き、
その良さを徹底的に伝えることで、お客様の生活をより豊かにする

ジャパネットたかた

1986年にカメラのたかたグループから分離独立。
ジャパネットグループの主軸であるモノを発掘し、テレビ・ラジオ・紙媒体・ECサイトなどのメディアを通して、お客様に伝えるのがミッションです。ただのモノとして商品を販売するのではなく、その先にあるお客さまの生活が豊かになることを想像しながら、それを通して、どのように生活が変わるのかを伝えることを大切にしています。 

ジャパネットたかた

ジャパネットメディアクリエーション

アイデアを形にし、より多くの人にメッセージを広げる

世の中の変化をとらえ、
より効果的にメッセージを広げていく最適な方法を追求する

ジャパネットメディアクリエーション

1992年にジャパネットたかたのハウスエージェンシー「ルックトウウェンティワン企画」として設立。2010年に資本独立してエスプリングアジャンスに社名を変更してからは、メディアバイイング体制を強化するとともに、CMをはじめとするクリエイティブの制作も行っています。2015年の新体制以降はジャパネットグループの一社に加わり、各社と連携したマーケティング機能、プロモーション戦略を強化し、メディアの面から更なる貢献を目指します。

ジャパネットメディアクリエーション

ジャパネットサービスイノベーション

概念にとらわれない本当に良いサービスで、新しい価値を創造する

お客様の生活をより豊かにする魅力的なサービスを発掘・追求し、
常に驚きと感動を与え続けられるような価値を生み出していく

ジャパネットサービスイノベーション

クルージング事業や水事業など、新しいカテゴリーの開発やサービスを発掘し、とことん磨きあげて提供するため2018年に設立しました。販売元であるジャパネットたかたと連携しながら、お客様の生活を変えていけるようなサービスを徹底的に洗練させて提供していきます。

ジャパネットサービスイノベーション

ジャパネットコミュニケーションズ

お客様の期待を超える応対で
「買いたい」「使いたい」をさらなるワクワクにつなげる

お客様の安心・快適なお買い物とご購入後の疑問・問題に、
質の高いコミュニケーションでお応えする

ジャパネットコミュニケーションズ

ご注文時の受付からご購入後のお問い合わせ応対まで、正確に且つ心をこめた応対で品質の向上に取り組んでいます。末長く商品を使って楽しんでいただきたいという想いのもと、快適なご注文受付だけでなく、ご購入後もお問い合わせや修理にいち早く対応することを目指しています。またお問い合わせ内容を分析し、関係部署へフィードバックすることで、商品開発やサービスの改善につなげています。

ジャパネットコミュニケーションズ

ジャパネットロジスティクスサービス

お客様のワクワクに想いをのせて、商品と応対の感動を届ける

商品を待っているお客様を想像し、
最高の品質と迅速で愛情込めた応対・技術でサービスを提供する

ジャパネットロジスティクスサービス

配送部門として分離独立したロジスティクスと、設置部門として設立されたフィールドサポートが、相乗効果を目指し2018年に合併しました。お客様へ早く確実にお届けするため、物流体制を常に改善し、届いた商品がすぐに快適にお使いいただけるよう、安心の品質と技術の向上を目指しています。

ジャパネットロジスティクスサービス

スポーツ・地域創生事業

V・ファーレン長崎

サッカーを通して、長崎、そして全国に
「今を生きる楽しさ」を広げていく

県民·行政、そして地元企業の力を一つに結集し、
サッカーを通してたくさんのワクワクを生み出しながら、
未来に夢と平和をつなげていく

V・ファーレン長崎

2009年にJリーグ準加盟クラブとして承認され、2012年にJリーグへ加盟。頭文字の「V」は勝利=VICTORIA(ポルトガル語)、平和=VERDE(オランダ語)から、「ファーレン」は航海=VAREN(オランダ語)から名付けられています。2017年4月にジャパネットグループの一員に加入。長崎の企業として、地元をはじめとする多くの方に愛されるクラブチーム作り、地域の活性化、未来を担う子どもたちの育成、スポーツ文化の振興を目指しています。

V・ファーレン長崎

リージョナルクリエーション長崎

長崎の魅力・価値を地域一体となって磨き上げ、
長崎に住む方、長崎を訪れる方に感動と誇り溢れる「今」を届ける

感動とビジネスが両立した民間主導の地域創生モデルを確立し、
平和のメッセージを長崎から世界に広げる

リージョナルクリエーション長崎

人々のつながりから生み出される感動と収益を生み出すビジネスを両立させることを目指し2019年に設立。ジャパネットの創業の地である長崎の魅力を、周りの人や組織と共に磨き上げ、ワクワクを伝えていくことで、日本全国の活性化に繋がることを目指しています。具体的にはプロサッカーチームV・ファーレン長崎の新たな本拠地となるスタジアムを中心に、オフィス・商業施設・ホテル・マンションをはじめとした「スタジアムシティ」の戦略・企画から現場の運用まで一気貫通で行います。

リージョナルクリエーション長崎

業績

単位:億円 
※2016年よりグループ連結売上
(2016年はV・ファーレン長崎を除く)
業績
  • 企業理念・事業方針へ
  • エピソードストーリーへ