夢と感動にあふれた「今」を共有
スポーツ・地域創生

夢と感動にあふれた「今」を共有 スポーツ・地域創生

ジャパネットグループはプロサッカーチーム「V・ファーレン長崎」の運営、そしてスタジアムを中心としたまちづくりを行う「長崎スタジアムシティプロジェクト」を通じて、地域一体となってその場所ならではの魅力・価値を磨き上げ、たくさんのワクワクを生み出していきます。また、原爆を経験した2つの都市のうちの一つである長崎から世界に平和の想いを伝えていきます。夢と感動にあふれたスポーツ・エンターテインメントによる喜びや感動をみんなで分かち合い、その瞬間を共有することで「今を生きる楽しさ」をお客様に感じていただきたいと考えています。

長崎への恩返し
長崎への恩返し
2017年初め、V・ファーレン長崎は経営不振に陥りチームの存続が危ぶまれていました。トップスポンサーであったジャパネットホールディングスは、スピードある改革が必要という判断から、株式100%を取得する全面的な支援を発表。そこには長崎唯一のプロサッカーチームが消滅するということは絶対にしてはいけないという、創業の地である長崎への強い想いがありました。その後すぐに代表の髙田旭人は、全社員に直接メールを送り、経営再建に参画したい社員を募集しました。 応募条件は3つ。長崎が好きであること、サッカーが好きであること、そして意志を持って参加すること。その日のうちに多くの社員が手を上げ、その中の数名と共に準備室の立ち上げを行いました。その後代表取締役にジャパネットの創業者である髙田明が就任し、2017年5月に新生V・ファーレン長崎はスタートを切ったのです。
ジャパネットだからできること
ジャパネットだからできること
V・ファーレン長崎がジャパネットグループの一員になった価値を選手やファンにも提供すべく、「ジャパネットだからできること」は何かを熟考し、さまざまな取り組みを行っています。例えば選手に対しては、ジャパネットと縁のある講師を招き健康管理・知識・メンタル面の強化を実施、メーカー様とも提携し、食生活や睡眠サポートを導入しました。そしてスタジアムグルメの改善、ゴール裏へのLED看板の導入、新規のグッズ開発など、お客様に喜んでいただきたいのはもちろんのこと、V・ファーレン長崎というチームを継続させるためにも独立して採算が取れる組織になることを目指しています。
たくさんのワクワクを、未来に夢と平和を
たくさんのワクワクを、未来に夢と平和を
2018年1月から、世界の子どもたちへの教育支援や平和の想いを伝えるユニセフ支援 共同プロジェクト『PLAY (PRAY) for PEACE 「未来」のために「今」できること』を発起しました。ジャパネットホールディングスとして3年間で1億円の寄付を目指し、さまざまな取り組みを行っています。ユニホームの背中にはユニセフのロゴを掲げ、選手・スタッフによるチャリティ活動を行うなど、サッカーを通して夢と平和を伝えるため、支援国としてケニアを選定し、寄付を非公式の居住地に住む子どもたちの教育支援へとつなげています。
長崎のクラブチームだからこそできることにこだわり、活動を進めたいと考えています。子どもたちの夢を育み、世界に平和を発信していくという想いを胸に、V・ファーレン長崎は、次の未来に向かっていきます。
世界初!スタジアムを中心としたまち「長崎」
世界初!スタジアムを中心としたまち「長崎」
三菱重工株式会社が公募をかけた長崎駅から徒歩約10分の7ヘクタールもの工場跡地の活用を巡り、数社の企業や団体がプランを提案しました。その中からジャパネットホールディングスを主としたジャパネットグループのプランが選ばれ、優先的に交渉する権利を手にしました。2018年11月に不動産売買契約を締結し、2023年を目指して「長崎スタジアムシティプロジェクト」を進めています。スタジアムを中心として、アリーナ・ホテル・オフィス・商業施設が併設された複合施設を予定しており、長崎に住む方、長崎を訪れる方にスポーツやエンターテインメントを通して感動と誇りあふれる「今」を届けたいと思っています。

長崎が創業の地であるジャパネットだからこそ、長崎の魅力・価値を地域の方々と一体となって磨きあげて日本や世界へ広げていきたいと考えています。そして、長崎から世界へスポーツ・文化活動における「感動」や「平和の大切さ」を発信して、その魅力や良さを伝えるきっかけ作りとなることを目指しています。

※画像は構想イメージのため、今後変更する可能性があります。
ビジネスと感動の両立を
ビジネスと感動の両立を
2019年6月、グループ会社に新しく「リージョナルクリエーション長崎」を設立し、通信販売事業に並ぶ2つ目の柱として、スポーツ・地域創生事業を掲げました。2018年、長崎市は人口流出超過が全国ワースト1位となっています。長崎スタジアムシティで「住む・働く・遊ぶ・学ぶ・憩う」が融合したユニークなまちづくりを行うことで、長崎の暮らしにこれまでなかった楽しさと豊かさを多くの方にお届けし、新たな雇用の創出や若者の定着にも貢献したいと考えています。

長崎の消費や集客などさまざまなデータを見ると、このような規模のプロジェクトは相当なチャレンジになるかもしれませんが、逆にこのプロジェクトが成功すれば、長崎だけでなく日本中の地域を元気づけられると考えています。ジャパネットがこれまで通販事業で培ってきた「徹底したお客様想像力」をもって、これまでにない感動体験をしていただきつつ、収益や効率などのビジネス面を両立させたいと考えています。

※画像は構想イメージのため、今後変更する可能性があります。

「今を生きる楽しさ」を!