新しい出会いのある「今」を発信
クルーズ旅行サービス

新しい出会いのある「今」を発信 クルーズ旅行サービス

ジャパネットグループは、2017年に第一種旅行業を取得し、オリジナル商品「ジャパネットクルーズ」としてクルーズ旅行の販売を本格化しました。「クルーズ旅行」という経験を通して、お客様に新しい出会いや新しい感動を体験していただきたいという想いのもと、ジャパネットにしかできないおもてなしを追求し、クルーズ旅行の企画・運営を行っています。ジャパネットはお客様の「今」がより豊かなものとなるよう、新しい仲間や新しい体験との出会いの中にある「今を生きる楽しさ」を発信したいと考えています。

埋もれている良いモノを磨き上げ、伝える
埋もれている良いモノを磨き上げ、伝える
ジャパネットでは、ただのモノとして商品を販売するのではなく、「世の中に埋もれている良いモノを磨き上げ、その最大限の価値を伝える」ことを大切にしています。社員からの提案で検討が始まったクルーズ旅行は、日本ではその魅力が十分に伝わりきれていないもののとても良い商品であり、ジャパネットの想いと合致する商品であることから、企画商品の受託販売ができる第三種旅行業を取得し2016年より販売を開始したところ、大きな反響をいただきました。

そこで2017年に自主企画・運営が可能となる第一種旅行業を取得し、旅行業に本格参入し、クルーズ旅行を「より満足いただける商品として磨き上げ」、ジャパネットだからこそのサービス・企画でクルーズのもたらす楽しさを提案しています。

代表の髙田旭人自身も何度も乗船し、サービスや雰囲気を体験し、社員とともに「何を変えていけばお客様に楽しさを味わっていただけるか」を考え、細かな改善を行ってきました。より多くのお客様へ満足いただける商品にするために、自分たちで旅行企画やサービスを磨き続けています。また、こうしたこだわりを制作にも生かすため、テレビMCも実際に乗船しサービスを体感することで、お客様へ魅力を伝えています。
大型客船で日本一周を
大型客船で日本一周を
より多くのお客様にクルーズ旅行をお届けしたいという想いのもと、2017年7月には2018年5月出発のブロックチャーターにて客室数1,000室を買い取り、テレビショッピングで販売しました。10月には同船フルチャーターとなる3,500人の完全オリジナルのクルーズ旅行を企画・販売し、いずれも反響は大きく、完売となりました。その後もクルーズの販売本数を拡大し、2020年には最大5,500人乗りの日本初就航となるMSCベリッシマの全船貸切りクルーズを8回予定しています。
ジャパネットにしかできない、驚きと感動を
ジャパネットにしかできない、驚きと感動を
ジャパネットクルーズでは、さまざまなジャパネット独自のサービスを提供しています。例えば、寄港地のグルメやショッピング情報をまとめた「寄港地まるわかりガイド」の配布、寄港地でのジャパネットお薦め観光スポットを無料で巡る「ジャパネットぐるっと循環バス」など、お客様に寄り添う独自のサービスの他、外国船である船内に日本語表記や日本らしい味付けの食事を加えるなど、日常のささいな点にも、ジャパネットだからこそできるサービスを加えています。また、お客様同士が親しくなるきっかけとなるような船内イベントも企画し、お客様によりクルーズ旅行を楽しんでいただくため、ジャパネットにしかできないおもてなしを追及しています。クルーズ旅行の素晴らしさを磨き、伝えていくことで、お客様の「今」がより豊かなものになるよう、ジャパネットグループはこれからも挑戦し続けます。

「今を生きる楽しさ」を!