人を

人を知る

ジャパネットホールディングス 西坂 洋哉(2008年新卒入社) 経理戦略部 ・経理戦略

プロフィール(経歴)

新卒で入社後、コールセンター、物流センターでの経験を経て、サービスの品質管理や新規商材のスキーム構築などを行うサービスソリューションへ配属。ホールディングス体制になったタイミングで経営戦略部に異動し現在に至る。
西坂洋哉

業務内容

経理及び財務に関わる戦略を考える部署の責任者として部を統括しています。経理周りのルールの見直しや、新しい会計システム導入のプロジェクトマネージャーなど、守りを固める動きと、会社の経営分析、経営陣への情報提供・提案など攻めの動きの両面があります。また最近は、V・ファーレン長崎のホールディングス傘下への介入や水事業の新会社設立など、新しい動きが次々にあるため、その会社の経理が安定的に回るように整理をしたり、新しいサービスのお金の動きを整理する業務が中心となり、先を見て行動しなければなりません。
常に会社状況を把握し、危険な時は警笛を鳴らし、良い時は現状を維持するまたは向上させる事を常に考える必要があると思っており、会社の未来を考えるにあたっては、正確な現状分析が必要不可欠なため、「いかに正確な情報を簡潔に伝えられるか」ということを考え、さまざまな切り口で創意工夫をしています。
分析の中で新たな発見があったり、想定していたことが証明されると、仕事の意義を再確認できてやりがいを感じています。

入社理由

私が、この会社を選んだ理由は3つあります。
1つ目は、職種に関わらず大学時代に学んだマネジメントの経験が生かせる仕事に就きたいこと、2つ目は地元である九州の企業で貢献したいこと、3つ目は社風に共感できる企業で働きたいことです。
その中でも最も魅力を感じた点は、「ジャパネットはさまざまな業務を自前で行っており、やりたい事を極めるだけではなく、自分が将来やりたいことを見つけることもできる企業」である部分です。実際に、私も入社してからいくつかの部署・職種を経験し、そのような経験を通して将来は数字に関わる仕事で貢献していきたいと思えるようになりました。また複数の部署を経験したことで、会社全体のことが知ることができていると考えています。

私のストイック&ワクワク

私のストイックな点は、数字に対して責任を持つ部署として、なぜこの結果になったのか、この数字は正しいのかという視点にとことんこだわることです。 他部署と会議をする際、アバウトな数字で話をせず実績を見て話をするように心掛けています。
ワクワクする点は、会社として非常に変化が多く、私が携わっている経理としても新しい知識やノウハウをどんどん習得することができ、自分自身の成長につながっていく部分です。

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop