人を

人を知る

ジャパネットホールディングス 中元寺 薫(2005年中途入社) 情報システム開発部・システム運用・
エキスパート職(グループ会社専門職)

プロフィール(経歴)

大学卒業後、東京のシステム開発会社に勤務。30歳までに地元長崎に帰りたいと転職を決意。入社して現在13年目となる。
中元寺薫

業務内容

社内で使用するパソコンやサーバーといったシステム環境を構築し管理する、システムエンジニアとしての業務に携わっています。ジャパネットは販売する商品の仕入れや在庫管理、受注、物流からアフターサービスまで、全てが社内システムにつながっています。その前提として求められる「システムの安定稼動」のため、正常に作動しているか、障害の前兆はないかなどを日々監視しながら、システムがより効率よくスピーディーに稼動するよう継続的に保守・改善を行っています。24時間の稼動が前提となるため、システムのトラブルは社内だけではなく、ご注文がお受けできない・商品が発送できないなど、お客様にご迷惑をおかけすることにもつながりますので責任が大きく伴います。システムの改善や入替の際は事前準備を入念にし、複数名で目視確認を行ったり、日常監視やトラブル対応に対する訓練を行い、障害が発生しても即対応できるよう努めています。

入社理由

前職で培ったシステム開発の経験を、生まれ育った長崎で活かせる、というのが一番の入社理由でした。また当時の採用担当者が地元高校の先輩という繋がりもあり、質問や説明の対応が優しくとても丁寧でしたので、転職に関しての不安もほとんどなく入社できました。

私のストイック&ワクワク

新しいシステムの導入や新規拠点の構築に携わることが多いため、正常稼働するまで最初は不安があります。一方で見えないところを紐解いたり、困難を乗り越えるアイデアを捻出して実行し、実際に目に見える形になったときの感動は癖になります。それぞれが自分事として仕事の責任を果たすこと、またそれをスピード感を持って進めることが求められながらも、感動を生むために、過去に固執しないで柔軟に考えられる環境がジャパネットにはあります。大変なことも多いですが日々ワクワクを感じながら仕事をしています。

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop