人を

ジャパネットホールディングス 松代 智佳子(2007年新卒入社) 経営管理部・経営管理・プレーヤー職(全社総合職)

プロフィール(経歴)

新卒でジャパネットたかたに入社。インターネット媒体、テレビ媒体の商材戦略部門を経て、全社商材戦略に携わる。その後、産休・育休を経てジャパネットホールディングス 経営管理部 経営管理課に配属。

業務内容

主に役員の労務管理、財務管理、会社機関の運営の3つを担当しています。経営層の方針を正しく理解し、スピーディーかつ確実に業務を進めることがポイントです。
専門知識が必要なことも多く、外部の専門家に相談しながら業務を進めています。財務管理では会社の資金を適切に確認することがミッションです。経営陣が正確な経営判断ができるよう、経理部門とも連携を図り、資金状況を正確に把握します。会社機関の運営では新会社立ち上げ時の管理業務等行なっています。
戦略部門全体にいち早く会社の動きを伝え、一丸となって動いていけるようサポートすることもミッションの1つです。

入社理由

小学校から続けていたバレーボールの経験から、「1つの目標達成に向けてチームワークで努力し、熱意をもった人たちと仕事ができること」を軸に就職活動をしていました。
自身が本社のある長崎県佐世保市出身であることをきっかけに説明会に参加し、自前主義と、お客様に商品の先にある感動を届けるために、社員が熱意を持って働く姿に魅力を感じ、入社を決意しました。
よくテレビショッピングで目にしていた創業者の髙田明の温かい人柄に魅力を感じたことも入社理由の1つです。

私のストイック&ワクワク

子育てを通して学んだことですが、相手の目を見て話すこと、心を込めること、受け入れることの3点を常に心がけています。以前、帰宅後に夕飯の支度をしていたのですが、つい忙しさから背を向けて子どもの話を聞いており、「こっち向いて!」と泣きながら言われたことがあります。それからは仕事においてもどんな状況でも相手の目をしっかり見て聴くこと、話すようにしています。
また、子どものまっすぐに今を生きる姿から、現状を受け入れ、謙虚に努力する大切さも学びました。

今年から育児期間の短時間勤務の対象が小学6年生まで延長になるなど、育児制度がどんどん整ってきており、子供の発熱による急な休みも協力してもらえる働きやすい環境です。会社に感謝しながら、ワーキングマザーとして日々努力していきたいです。

  • 人を知るへ
  • 想いを知る
  • 取り組みを知る
  • 働き方を知る
pagetop