ジャパネットサービスパートナーズ

森田 貴之

ライン支援部 商品品質管理課
ライン職
年齢: 20代

このような仕事をしています

アフターサービス窓口のお問合せ件数を減らすための取組をしております。
取り組みの目的は、お客様へ「お問い合わせをさせてしまうこと」自体がお客様にとってのご負担でもあり、不安にさせてしまうものだと捉え、その課題を解消することでお客様に安心して当社の商品を使っていただけるようにするためです。
具体的には毎日お客様から頂いた電話の内容を確認・分析しております。その中で、商品の不具合、操作問い合わせ、返品交換などで件数が著しく多いものがあれば、内容は何か、原因は何か、何を改善すればお問合せの入電を減らすことができるかを一つ一つ分析し、対応しております。また、問題が大きくお客様にご迷惑をおかけする可能性が高い商品が発生する時には、販売自体を縮小、時には停止の判断も行います。

入社理由

私はジャパネットに中途採用で入社しました。
以前の会社では3年間勤めていましたが、もっと成長したい、と30代、40代でもっと幅広く活躍できる大人になりたいという思いから、転職を決意しました。転職活動中に考えていたことは「この会社で自分は成長できるか、成長したいと思うか」でした。縁あってジャパネットに入社して、実際今までにいろいろなことにチャレンジをすることができ、自分の力の未熟さを痛感することも多々ありました。それでも周りの社員の方々の協力を得ながら、何とか今までやってくることができました。これからも成長し続けられるように日々努力していきたいと考えています。

仕事のやりがい

仕事のやりがいですが、お客様より感謝の言葉をいただく、というよりも、お客様からのお問合せの数を削減する対応を実施し、実際にその成果が出たときに、お客様の不満や困りごとが解消されたのだと思っています。直接的ではありませんが、それが私の仕事の原動力だと思います。
また、アフターサービスに関連するサービスを導入したり、改善した時にサービスが開始して、お客様からご支持をいただいた時には、実績データを見ながら自分達のしたことに意味があったんだと感じています。

私にとってのジャパネットのGood

ジャパネットの中で私が一番Goodと感じる点は、お客様目線での考え方を大切にしているという点です。
アフターサービスの窓口では商品の問い合わせをいただいた際に、なぜお客様はこの問い合わせをされたのか、どうすればお客様にわかりやすく伝えられるか、他のお客様も同様に困っていらっしゃるのではないかと、社員一丸となって商品・サービスをよりよくするために原因究明、改善を実施しています。その業務に対する気持ちと改善を実施するスピード感は、とても良いなと感じています。

ご応募を検討されている⽅へのメッセージ

何事も人任せだったり、できない理由だけを並べる人は、仕事をしていてもつまらないでしょうし、大変だと思います。そうではなく、責任感を持っていて前向きに取り組む人は、きっと活躍できますし、一緒に働きたいと感じます。それ以外では何か一つでも自信があること、(例えば仲間思いである、礼儀正しい、パソコンのスキルが高い、商品知識が豊富、頭の回転が早い、おしゃれなど)自分が持っていないものを持っていれば、日々の業務でも補い合って、いい影響を与え合いながら業務に取り組めるのではないかと思います。

所属している会社

ジャパネットサービスパートナーズ
ジャパネットサービスパートナーズ

キャリアステップ

  1. 2012年〜2014年
    中途でジャパネットへ入社。
    ジャパネットたかたの商品開発部でアシスタントバイヤー、バイヤーとして勤務
  2. 2014年〜2014年
    ジャパネットたかたのサービスソリューション課で新サービスの導入、既存サービスの改善を担当
  3. 2014年〜現在
    ジャパネットサービスパートナーズの商品品質管理課でアフターサービス窓口のコール数削減に取り組み施、アフターサービスのサービス改善を担当
  4. 今後の目標
    社会人として、一人の人間として、日々成長すること
    自分以外の人が成長するためのサポートができるようになること

ある1日のスケジュール

  1. 6:30
    起床、朝食
  2. 7:30
    自宅を出る
  3. 8:40
    出社・朝礼
  4. 9:00
    コール(お客様の入電)分析、改善検討・実施
  5. 12:00-13:00
    昼食休憩
  6. 13:00
    資料作成、対策検討
  7. 14:00
    取引先との商談
  8. 15:00
    資料作成、対策検討
  9. 19:00
    退社
  10. 20:00
    帰宅、家族団らん
  11. 23:00
    就寝
  12. 23:30