ジャパネットたかた

永野 トキ子

ペーパーメディア企画制作部 ペーパーメディア企画・商材戦略課
総合職
年齢: 30代

このような仕事をしています

紙媒体全体の発行計画と企画を立案し、その媒体の商材決定までを行っています。紙媒体にはチラシなどのマスメディア媒体と、カタログなどの会員様向け個客媒体があります。マスメディア媒体は、全社を挙げて取り組んでいるキャンペーンの時期に、いかに効率よくチラシを配布できるかや、エリアを絞ってそのエリアに強い商材を掲載するなど、マーケティング情報をもとに配布部数・時期・エリアと商材を主に検討しています。
また個客媒体は、カタログを何ページで発行するか、どんな企画のページで構成するかを決め、その企画に合った商材を決めていきます。雑誌の編集者をイメージするとわかりやすいかなと思います。他には、お客様の誕生月にお誕生日特典のあるハガキを送ったり、掃除機を買ったお客様に掃除機買い替え応援ハガキを送ったりするなど、お客様の情報を活かして細やかにアプローチできるような企画も立案しています。

入社理由

楽しいことができそうな会社だなと思い、ワクワクしたからです。会社説明会に行って、言われたことをただやるだけではなく、社員一人ひとりが意志を持って動く集団だという印象を受けました。またチャレンジしたい気持ちがあれば、若手のころからプロジェクトを任せてもらえると聞き、やりがいを感じられるのではと思いました。実際に入社してみると、入社前に受けていたイメージとギャップは無かったです。意志を尊重してもらえますし、チャレンジもたくさんさせてもらっています。

仕事のやりがい

考えたことが形になることです。チャレンジしたい企画がたくさんあるのですが、その企画を考え、決裁をとり、実際に制作部隊がデザインをつくり、形になって世の中に出ていくことがワクワクします。そして、その企画で商品が売れたとき、企画がピッタリはまったなと感じて嬉しいです。会社にも貢献でき、やりがいを感じます。そうしてどんどん新しい企画にチャレンジさせてもらえるので、やりがいを感じる機会が多くあります。

私にとってのジャパネットのGood

拠点によっては、1年に2回、リフレッシュ休暇として5連休(前後の土日を含めると最大9連休)を取得する制度があります。前もって日程を決められるので、安い時期に海外旅行の計画が立てられるなど、みんなとても楽しみにしています。また半分は遊んで、残りの半分は資格の勉強をするなど、自己研鑽に励むこともできます。次のリフレッシュ休暇は何をしようかと、よく社員同士で話題になります。私は前回のリフレッシュ休暇で、前半は東京オフィスの同期に会いに遊びに行き、後半は海外旅行をし、楽しく有意義な休暇を過ごすことができました。

ご応募を検討されている⽅へのメッセージ

説明会や選考が進んでいくと、その会社の人と話せる機会があると思います。その時に、たくさん話して、どんな会社なのか、社風はどうか、自分がどんなことで貢献ができそうか、具体的に想像できるまで聞いておくといいと思います。会社に入ってからギャップがあると残念ですので、そのギャップが無いように、心から納得してその会社が良いと思えるように、その会社のことを知るようにしてください。会社にいる時間は長いですので、その時間を楽しく過ごせるよう、楽しく働いているイメージができる会社をぜひ選んでくださいね。

所属している会社

ジャパネットたかた
ジャパネットたかた

キャリアステップ

  1. 2006年〜2007年
    入社してすぐにマーケティングの部門に配属となりました。
    北海道はどの商品が売れるのかエリアの強みを調べて、チラシの北海道版やテレビの北海道エリアでの生放送の商材決定に活かせる提案を行っていました。
  2. 2007年〜2008年
    入社して2年目、販売戦略部門への異動となりました。
    毎日の生放送や全国一斉チラシの商材決定の部門で、先輩の助言をもとに商材案を作成したり、関連部署への伝達を行ったりしていました。
  3. 2008年〜2014年
    入社3年目、バイヤーに異動となりました。
    デジタル家電、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、ウォーターサーバーなどのサービス系商品、など幅広く担当をしました。
    東京オフィスの立ち上げで東京に異動しました。
  4. 2014年〜
    バイヤーの経験を活かして、バイヤーのサポートをする部署へ異動となりました。
    バイヤーが使う画面を使いやすく改善したり、アシスタントバイヤーを育成したりしていました。
  5. 2014年〜現在
    現職
    ペーパーメディア企画制作部へ異動し、佐世保勤務になりました。
    紙媒体の発行計画を立て、企画を練り、商材を決定しています。
  6. 今後の目標
    周りに求められる人材を目指しています。
    何か案件が挙がったときに、私に頼みたいと思ってもらえるような、任せられると思ってもらえるような、信頼される人材が目標です。

ある1日のスケジュール

  1. 7:30
    起床
  2. 8:30
    出社
    スケジュール確認、メールチェック
  3. 9:00
    始業、課員のスケジュール確認、業務分担
  4. 9:30
    ジャパネットメディアクリエーションと打ち合わせ
  5. 10:00
    課員の相談案件
  6. 11:00
    チラシ紙面確認会議
  7. 12:00
    昼食
  8. 13:00
    バイヤー決裁会議
  9. 15:00
    ペーパーメディア決裁会議
  10. 16:00
    お客様の声確認会議
  11. 17:00
    カタログ商材会議
  12. 18:00
    課員の相談案件、社長決裁会議の資料作成
  13. 21:00
    帰宅