ジャパネットコミュニケーションズ

西山 浩司

ライン支援部 ライン稼働推進課 管理席グループ
ライン職
年齢: 20代

このような仕事をしています

私の仕事内容である管理席は、一言で言うとコールセンターの管制塔です。
ジャパネットコミュニケーションズはコールセンターとしてお客様から頂いたお電話を取りきるというとても大切なミッションがあります。そのミッションを果たす為に、リアルタイムのお電話の量を見て、コミュニケーターの人数を調整することや、機械による自動応答に切替えること等を行っています。また、お電話が少ない時間を把握し、各部署へ共有することで、コミュニケーターの品質向上やメンタル面のケアが出来るよう支援を行っています。

入社理由

もともとは学生時代のアルバイト入社でした。当時の入社理由は、単純に「お客様と接する仕事が好き」という理由でした。受注課のコミュニケーターとして業務をしており、その後スーバーバイザーやグループリーダーの仕事を頂くようになりました。様々な業務を経験し、次第にコミュニケーターの育成や管理をする仕事にやりがいを感じるようになりました。当時、社長の「日本一のコールセンターを作る」という言葉に共感し、私も力になりたいと思い入社を決めました。

仕事のやりがい

コールセンターとしてお客様をお待たせせずに、お電話を取りきる事が出来た時にやりがいを感じます。特にチャレンジデーやチラシ発行日等は、非常に多くのお電話を頂きます。当課がお電話の量を予測し、多くの方に受電協力を依頼しています。予測が的中し、必要な時間に必要な人数を準備出来た結果、お客様をお待たせしない体制を作ることが出来、業務終了の連絡をするときは、ホッとする気持ちと「やりきった!」という達成感を強く感じます。

私にとってのジャパネットのGood

ジャパネットは、お客様満足はもちろんのこと、従業員満足にも力を注いでいる点がGoodだと思います。例えば、ジャパネットの制度でリフレッシュ休暇とノー残業デーがあります。私は妻と子がいますので、家族との時間を確保でき、とてもありがたく思ってます。独身の頃も、仕事仲間とアウトドアやスポーツ、飲み会をして楽しい時間を過ごさせて頂きました。コミュニケーションを取ることで、それまで以上に楽しく仕事をすることが出来るようになりました。

ご応募を検討されている⽅へのメッセージ

就職活動お疲れ様です。ジャパネットコミュニケーションズは、お客様対応の最前線です。ジャパネットグループの中で、もっともお客様に近いので、お客様の生の声を聴く事が出来ます。それはジャパネットグループで働く上での、貴重な経験となり、その後の仕事に必ず活かすことが出来ると思います。お客様と関わる仕事をしたい方、学びたい方や人の育成に興味がある方、日本一のコールセンターを作りたい!と想う方は、きっとやりがいのある職場だと思いますよ!

所属している会社

ジャパネットコミュニケーションズ
ジャパネットコミュニケーションズ

キャリアステップ

  1. 2011年〜2013年
    受注課のグループリーダーに配属
  2. 2013年〜現在
    ライン稼働推進課 管理席グループとして働く。
  3. 今後の目標
    より精度の高い管理席コントロールが出来る仕組みをつくり、お客様からのお電話を1件でも多く取ることが出来、且つ楽しく働くことが出来るコールセンターつくることです。

ある1日のスケジュール

  1. 6:50-7:30
    起床、朝食、家を出る
  2. 8:30-9:00
    出社、朝礼、メールチェック
  3. 9:00-12:00
    管理席業務
  4. 12:00-13:00
    昼食
  5. 13:00-15:00
    管理席業務
  6. 15:00-15:15
    休憩
  7. 15:15-17:45
    資料作成・明日の準備等
  8. 17:45-18:00
    日報作成、夜間の担当者へ引継ぎ等
  9. 18:00
    退社
  10. 19:10
    帰宅
  11. 19:10
    夕食、子供と遊ぶ
  12. 21:00-22:00
    風呂、子供寝かしつけ
  13. 23:30
    就寝