ジャパネットコミュニケーションズ

お客様のご注文に最大限お応えする、グループのコールセンター

「ジャパネットたかた」からお客様対応部門を2010年に分離独立させて設立された当社。お客様のご注文の電話と商品到着までにいただくお問合せの対応を行います。媒体の波によって大きく変動するお客様からのお電話をもれなくお受けできる効率的な体制の整備と、次々に発売される新商品のご注文も正確にお受けできるような知識・応対品質向上に取り組んでいます。

グループでの位置づけ

お客様からコールセンターへのご入電状況は、グラフで全ての拠点にリアルタイムで伝えられます。その状況を見て、バイヤーは担当商品在庫の確認を、テレビやラジオの生放送のMCはお客様に電話が混み合っていることのご案内を、物流拠点は今後の出荷状況の判断を行います。ジャパネットコミュニケーションズとしては、日々1件でも多くのお客様の電話に対応できるよう、精度の高い入電数予測を行い、お受けできる体制を整えます。特に大型ライブやチラシの展開日には、早いうちからコミュニケーターの出勤シフト調整をし、万全の体制で臨みます。

当社の強み

ジャパネットでは、家電だけでも家事家電、季節家電、AV機器、調理家電など多様に取り扱い、他にも健康美容品、アパレル、食品やお酒など、販売商品のカテゴリは多岐に渡ります。また、下取りや設置訪問などの付帯サービスも独自のものがあります。当社で電話応対を行うコミュニケーターが、どんな商品・サービスのお問合せでも一人で対応ができるように、教育体制やツール環境を整えています。また、電話をいただいたその日一日が嬉しい日になるような電話応対を心がけており、お客様と「今」の楽しさを共有できるコールセンターであることが強みです。

社内の雰囲気

ラウンド(見回り)を行うスーパーバイザー(SV)。遠くにいるコミュニケーターにも目を配り、お客様対応をサポートします。

天井のモニターには放送中の番組が流れるため、お客様がテレビをご覧になっている状況を把握しながらご案内ができます。

一段高い管理席からは、コールセンター全体の様子が見えます。ヘルプを求めるコミュニケーターのもとへいち早くSVに向かってもらうよう指示を出します。

どんな商品やサービスをご注文いただいてもスムーズに対応できるよう、丁寧な教育カリキュラムでレクチャーをします。

会社概要

会社名 株式会社ジャパネットコミュニケーションズ
代表取締役社長 髙田 旭人
設立 2010年9月16日
資本金 5000万円
事業内容 ・ご購入受付
・配送、設置、ショッピングクレジット問い合わせ対応
従業員数 1,332人(パート・アルバイト含む)※2015年8月現在
所在地 [本社] 福岡県福岡市博多区(2017年10月15日より移転)
[長崎] 長崎県佐世保市日宇町

Voices -現場社員の声-